読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017年2月28日うつ病認定

愚者が社会で朽ちる様子を書き留めているだけです

個人が入れる労働組合「連合」に電話してみた

かろうじて自分が壊れている自覚はあるので誰かに頼ろうとする。

単身赴任で吐き出す相手もおらず会社の人間は今や信用できない。

社会から溢れてしまった役立たずは息をするのも申し訳ないと

感じる時もあり常に息苦しい。他人に会うのは怖いし外を歩くのも

妙な緊張感…逃亡中の犯罪者にでもなったかのよう。

 

そんなゴミ人間が社会を垣間見れるのはネットだが、色々見てたら

うつ病になったら考え過ぎるからネットを見ない方がいいとネット

に書かれていたのが滑稽に感じた。

 

先日の弁護士電話相談が不発に終わったため今日は労働組合について

調べる。全労連ゼンセン同盟、ユニオン…どれも過激な事が書かれ

ていて少々危なっかしい記事もチラホラ。強力な味方であるが火力の

調整が難しそう。結局最後に見た「連合」という労働組合に電話を

してみると50代とおぼしき男性が速攻で出た。

 

「はいはい、どうされました?」(なんとなく刑事のイメージ)

「あの、退職勧奨なるものを受けたんですけど納得いかなくて…」

「理由は?あんたどこの会社にお勤め?」(グイグイ聞いてくる)

「えっ、はい、カクカクシカジカ、あ、うつ病になので混乱してすみません」

 

フランクな口調だが事務的ではなく学校の先生っぽい熱意すら感じる。

粗方事情を説明する間に最近の代表的な症状の号泣が発動、えづきながらも

先ず身体を治そう、傷病手当金があるから生活は心配するな、内容的には

労災だから監督署に電話して労災申請の説明を受けなさいなどのアドバイス

受けた。

 

「時間が掛かるしうつ病認定は難しいのでは?」

とネガティヴな発言をすれば

「そんな事ない、大丈夫だからやってみなって」

と力強く返ってくる。

 

実際がどうであれ先ずは行動させようという励ましなのだろう。

結局20分程親身に話を聞いてもらいまた何かあったら電話しておいで

と明るく言われて終了。

 

ネットの先入観でおっかないところかと思いきや案外サッパリとしてて

変な勧誘もなかった。パワハラで悩んでいる人は電話相談してみるといい。

彼らは労働トラブルのプロだが励ましのプロでもある。

 

 

 

眠らない眠れない

試しに睡眠導入剤を飲まなかった結果37時間起きている。

怠くやたらと目が痒い。部屋をウロウロしてみたり廊下に

転がってみたりするが身の置き場がない。

 

病気を治すためには休養と言われたが色々考えてしまい

どうにも焦る。打開策を見つけないと気が休まらないし

休まなければ回復しない。以降無限ループ。

 

家族に会いたいけれど家族に言えない

仕事を探さないといけないが無理ぽ

製品の権利を取り戻したいが無理ぽ

死にたいが家族に非情な仕打を与える

 

あーあ、脳の動脈でも破れてくんないかな

そういうスイッチついてたらいいのになあ

 

…超ウゼエな俺

労働問題に強いと謳っている弁護士さん

一応弁護士さんに相談しようとネットで近くの

弁護士事務所を調べ予約の電話を入れるとそのまま

電話相談に。サラサラと窮状を話した結果、

 

「難しいですね」と。

 

傷病手当金貰いながら居座って解雇を待つしかないそうだ。

その前に経済的に頃されるし相手は何年でも待てる。

解雇されなければ戦いようがないと。

 

その後も、

 

うつ病の労災認定はハードル高いから難しいです。

色々酷いことされてるようですが法的には難しいです。

会社から証拠が出にくいから難しいです。

 

話すだけ無駄だった。

時間がないのに動かない

曖昧なままの休職と社宅にかけられた時限装置

 

家族に話せば同様の不安が伝染してしまうから言えず。

放置しても好転することはないが行き詰まっている。

以前居た会社の同僚に話したものの裏切者に差し伸べる

手はないだろう。

 

仕事を休み薬を飲み始めてからは冷静になれる時間が増えた

ものの冷静になって解決する問題でもない。概ね部屋は片付

いて粗大ゴミの捨て方を調べた。日用品を処分するタイミング

が難しい。

 

労働基準局だか労働局に電話したものの相当の労力と時間が

かかる手段で話合いを支援するとしか告げられなかった。

事件や自殺なのの明確さがないと動かないのだろう。

 

明確…そうか、そういう事か。決定的な証拠が要るのか。

後々家族の役に立つように証拠は挙げておいた方がいいな。

 

睡眠は薬を飲んでも不規則で短時間。焦燥感がずっと続いて

部屋をウロウロする。死ぬ方法について調べる、これを書いて

る時点で事故に見せかけても仕方ないが家族に賠償が行くような

のは困る。痛いとかはどうでもいいけど不確実なのは困る。

 

事態が悪化するような気もするがどうでもいい…もう壊れたん

だからどうでもいい。自業自得だ。

うつ病で休職の相談したら速攻で殲滅されそうに【後編】

うつ病で休職の相談に行ったら辞めろと言われて罵詈雑言

の話し合いの後編です。

 

製品開発という専門職のため余剰人員になるのはわかる。

ところが事業は凍結するけど投資した以上製品の権利は保持

する、再開まで人件費払う余裕なんかないから辞めて欲しい。

要するに製品開発が終わったら用済みということらしい。

 

一年やってきて日の目を見ないばかりか権利奪われてポイ捨て

 

これが一番堪えた。温めてきた製品を発売するために引き抜き

に応じたのに発売もされないし権利も喪った。間抜けな自分に

やり切れなさを覚えるが後の祭り。

 

致命的な失敗で家族を路頭に迷わせるのは厳しいなあ、協力して

くれていた人たちに申し訳ないなあと思うがあまりにも無力。

やり直そうにもうつ病では働けないし誰も雇ってくれないだろう。

 

…詰んだ

 

当面の心配は経済。社会保険料や市県民税は容赦なく降りかかるし

貯蓄だってそんなにあるわけでもなくたちまち生活費で食い潰す。

これを書く間にも死がとても甘美に思える。家族に迷惑かけるなら

事故死でもして諦めて貰いたい。

 

いずれにしても自分の判断で辞めると言ってしまうのはマイナスで

しかない気がして苛立っている社長に保留を申し出て話し合いは

打ち切った。まずは部屋の整理をしよう。

 

 

 

 

 

うつ病で休職の相談したら速攻で殲滅されそうに【前編】

新規事業計画で引き抜かれて一年、突然の中止で計画ごと不要に

なった私は邪魔者だったがうつ病を発症して疫病神に昇格した模様。

しがみつくつもりはないけど追い立てられるのは釈然としない。

 

診断書を元に休職の申請を出そうとするも明らかに避けられている。

今朝ようやく社長から連絡があり昼前に事務所で話すことになった。

着席するや否や月末で自主退社して欲しい旨言われ畳みかけてくる。

出だしからすでに滅茶苦茶だが無知と馬鹿にされてるのだろうな。

 

「社宅解約したから月末までに出てってね」

「残ったところで能力に見合った仕事は無いよ」

「ハロワですぐ給付金出るだろうから辞めても大丈夫」※ウソ

 

休職の相談なんですがと伝えるも休みたければ勝手に休め、欠勤分は

給料出ないからどうでもいいよね、辞めて好きなだけ療養して心機一転を

勧めるよ、今の自分を信じてさっさと決断して欲しい云々…質問しても

完全に開き直っていてガンガン削ってくる。

 

Q.要するにリストラですか?

A.「ん〜、理解してくれてると思うけどそういうことだよね」

「あ、でも来年度は助成金貰いたいから自己都合でヨロ」

…リストラって随分簡単になったんですね

 

Q.就業規則に休職の規定ありますよね?

A.「月末までしか雇う気無いから今更休職とか無いよね」

…自己都合って言ってませんでした?

 

以降は事業計画を任せるべきじゃなかった、製品は期待外れだった

勤務態度も良くなかった、他の社員から嫌われているの知ってる?

今後出向させようにもスキル何も無いから無理だと思わない?

と罵詈雑言の人格攻撃で潰しに掛かってくる。

 

話にならない黒さに嫌気と失望で内臓がグルグルと動き始めた。

更に攻撃は止むことなく続けられる。

 

後編へ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

病状報告するも…

うちの会社は中小企業でワンマン社長であり社員といえど自営業の集まり

みたいな会社。ITと建築系の人材派遣がメインで関連する事業あれこれ手

を出していてその内の一つが私がやっている製品開発事業。上司らしき

管理職もいないので報連相は全て社長。

 

昨日病院を一先ず診察結果を知らせようと電話をしようとすると偶然社長から

の電話があった時の会話。

 

「お疲れ様です」

「ああ、すいませ〜ん、病院終わりました?ちょっと急ぎの用件で」

「えっ」

「今日急にレンタカー必要になったから空き確認してくれる?」

「あの…」

「あ、ちょっとキャッチ入ったから折り返します」

「」

 

…待つ事15分

 

「ああ、すいません。さっきの件だけど体調悪いか、でも頼めるかな?」

しぶしぶ了承

「それで、病院行ったらうつ病と言われました。それで…」

「あー、今日時間取れるかなぁ、間も無く打合せに入るからまた連絡します」

「」

 

結局連絡は来ないまま今朝を迎える。貰った薬の作用がわからず

電話を待ってる間は寝ないように飲まずにおいたのでいきなり投薬さぼり。

 

4:00過ぎに寝落ちして起きたのは6:23だった。そのまま布団でウダウダして

から出勤。誰も来ていなかったので月末の処理をノロノロと作業開始。

社長は電話が繋がりにくい人なので出社している旨と病気の事で相談したい

から早目に連絡下さいとメール。総務をやってるNさんは途切れることなく

あちこちからの電話でろくに話せず他は皆外出の様子。気力なのか体力が

空になったのでNさんにメモで早退しますと伝え帰宅。

 

思い切って社長に電話するも出ず。休職の相談はおろかアポさえ取れない

からまたしても待つ事になる。一体どうなってしまうんだろう…