読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017年2月28日うつ病認定

愚者が社会で朽ちる様子を書き留めているだけです

うつ病と言われて涙が止まらず病気を認めざるを得なかった ①

身体の異変が始まったのは昨年の12月に入ってからで最初の徴候は睡眠障害

他部門の経営不振を理由に担当していた事業の行方が右往左往し始め不安定な

状態から予定されていた人員の割当も成されないまま計画を一人で進めている

うちに明け方まで寝つけず2時間足らずで目が醒めてしまう毎日が続く。2月に

入り事業の中断を通知され派遣部門の現場作業に強制的に出される。今後の事

を話し合うと言ったきり機会は与えられないままで現状の選択肢は二つ。

 

「開発した製品の権利を放棄して退職」

「残って時給数百円の現場作業を延々と続ける」

 

おあつらえ向きなのかビルの屋上作業なので第三の選択も有りだなと考える。

高所恐怖症なのに恐怖が麻痺しているのはとても不思議な感覚。

家族も気の毒かと思うけど事故なら諦めがつくんじゃないかと緩慢に思う。

大した荷物もない部屋の片付けが妙に気になって結局その週は三つの選択を

保留したまま休日を迎える。身体が限界を迎えていたのか休日で緊張が解けた

のか30時間以上眠る事ができた。

 

自分がおかしくなったことは認めたくない。おかしいわけではなく疲れている

だけなのを証明するために診察を受けることを思い立つ。住まいに一番近い心療

クリニックに予約の電話を入れるとカウンセリングよろしく色々聞かれる。

患者の性質上かとても穏やかで慎重、正直に答えていくと一旦折返しますと。

そして掛かってきた電話を要約すると…

 

「内容的にうちでは無理なので24時間対応の病院に行って下さい」

 

だった。

 

続く